ホテルウォーカー


このホテルのイチオシはココ

日本国内には、観光地やテーマパーク、温泉地があれば必ず近くにホテルがあります。その数も膨大で、各々のホテルが他とは違うサービスでお客さんを呼び込むことに一生懸命です。

他の宿泊施設と差をつけてアピールできることは、大きく分けると、「食事とお風呂と部屋」があります。他にも、イベントや施設などがありますが、この3つが最も重要だと言えます。
食事の場合は、バイキング形式、会席料理、地元の素材を活かした料理などでイチオシをアピールできます。
お風呂は、温泉の場合は効能であったり、種類で勝負できますし、広さやサウナやマッサージ機などの設備があるのもおすすめです。
部屋は、広いだけでなく、デザインやアメニティ、借景のすばらしさでもイチオシのアピールができるので、ホテル側が力を入れやすい部分です。

 

ホテルにはどんな種類があるの?

ホテルといっても色々なタイプがあり、その分類の仕方にもいくつかありますが、代表的な例として、シティタイプ、ビジネスタイプ、リゾートタイプに分けることが出来ます。
シティタイプは、交通の便の良い場所にあり、宿泊施設だけでなく、レストランや宴会場、会議室などがあり、結婚式や会合などにも利用できるタイプです。ビジネスタイプは仕事で宿泊する人向けのホテルです。リゾートタイプは観光地などにあり、観光旅行客をターゲットにしたタイプです。
リゾートタイプには様々なタイプがあり、レストランがメインでそれに宿泊施設が付いた形のオーベルジュや、長期滞在する人向けの、キッチン、洗濯機などの設備や調理用具などが使えるコンドミニアムタイプなどもあります。